兄弟で下の子に虫歯が多いのには○○な理由があった!?

兄弟で下の子だけ虫歯があるということってありますよね。

上の子は虫歯にならなかったのに、下の子だけなぜ?という疑問がある人もいれば、中にはきちんとこれだろうなという反省点があることも。

しかし、その逆もあって『上の子が小さいうちから虫歯になってしまったから』という理由で徹底して、小さなうちから虫歯予防を頑張っているママもいますよね。

それなのに、なぜか虫歯になってしまったと落ち込む。

でも、『下の子が虫歯になりやすい』のにはいくつかの理由があるのです。

 

下の子が虫歯になりやすい3つの理由

兄弟で下の子が虫歯になりやすいのにはいくつかの理由がありますが、おもに大きく分けて2つ。
・もともとの歯の弱さ
・環境

そして、この環境は兄弟や家族が原因で虫歯になりますが、その中でも代表的なものが3つ。

 

1.歯磨きの手抜き

歯磨きの手抜き

一番最初の子はひとりということもあり、兄弟の年が離れていればある程度の年齢まで徹底した歯磨きや虫歯予防をしているなら虫歯ゼロになる確率も高くなります。

しかし、下の子が2人、3人と増えるごとに育児に時間がかかって、どうしても手抜きになってしまうことも。

イヤイヤ期や仕上げ磨きが大嫌いな子供だと、どうしても忙しくて「勝手にしなさい!」と怒鳴ってしまったり、力を入れてしまって余計に嫌がってしまうなんて負のスパイラルも・・・

また、手のかかる時期が重なってしまうと、年齢によっては下の子だけでなく兄弟で虫歯になってしまうこともあります。

 

2.親や兄弟からの虫歯菌感染

虫歯と感染

虫歯菌感染で一番多いのが母親と言われますが、家族からも感染します。

兄弟でダメ!と言っても可愛からキスしたり、オヤツやジュースの分け合いっことか兄弟のスキンシップが感染してしまう原因にもなってしまうのです。

ただ、虫歯菌は口の中にいても善玉菌優勢であれば悪さはしないので、ブリス菌などで虫歯菌除去をして口内環境を良くしておけば、虫歯になるリスクを抑えることができます。

 

3.早い時期から甘いものを食べる

下の子甘いもの

ひとりっこだとオヤツやジュースの管理は出来ますが、兄弟がいると一緒にオヤツを食べることも増えるので、上の子よりも早く甘いものを食べることが増えます。

小さいとダラダラ食べをしてしまうし、一番気をつけたい時期に上の子と同じジュースを飲んだりして、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。

歯磨きは徹底しているし、虫歯菌は気を付けているのに何で?と言う人は、意外にここに当てはまるかもしれません。

脱灰>再石灰化だと虫歯になりやすいので、注意が必要です。

 

まとめ

兄弟で下の子「だからこそ」虫歯になりやすい原因というのがあります。

手抜きを反省している人も多いですが、虫歯菌に感染しなければ虫歯にならないし、虫歯菌に感染しても口内環境が良ければ悪さをしない=虫歯にもなりません。

そしてさらには虫歯菌のエサや虫歯になりやすい環境を考えれば、下の子でも虫歯になりにくくなります。

しかし、上の子は良いけど下の子はオヤツをあたえないとか、そういうことはできませんよね?

それなら、兄弟そろって虫歯になりにくい口内環境を作ってあげることを心がけましょう。

 

>>ブリアンとオーガニック「子供用歯磨き」を選ぶならどっち?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ