親の虫歯菌が虫歯予防を邪魔してるってホントなの!?

虫歯予防を頑張っているのに虫歯ができてしまう。

歯磨きやオヤツなど、徹底しているのに虫歯が見つかると落ち込んでしまうことがありますが、子供だけでなく自分自身はどうでしょう。

「自分が虫歯になりやすいから子供には・・・」と頑張っているのは良いことです。

しかし、自分に虫歯菌が多いのであれば、子供だけでなく親も対策をしていかないと虫歯になるリスクは変わらないので、まずは自分の虫歯予防を徹底する必要があります。

虫歯菌のDNAは親と一緒!?虫歯は「感染症」

虫歯菌とDNA

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

それがいつの間にか虫歯菌に感染して虫歯になってしまいますが、その感染源になるのは親、その中でも一番触れ合う機会の多い母親から感染する可能性が高いです。

実際に虫歯菌のDNA鑑定をしたところ、親と同じということもわかってきています。

そのため、箸を一緒に使わないとかキスをしないとか、いろいろな情報が出回っていますが、虫歯菌に感染した「だけ」で虫歯になるとは限りません。

もちろん、虫歯菌が口の中にいなければ虫歯になることはないかもしれませんが、口内環境が良くて細菌バランスが善玉菌優勢なら、虫歯菌が口の中にいたとしても悪さはしないのです。

だから、感染は100%防ぐのは難しいとしても、少しでも感染したり、虫歯菌を増やさないようにすることが大切です。

 

子供の虫歯予防をするならまずは親から

家族で虫歯予防

 

子供の虫歯ゼロを徹底しようと思うのであれば、食生活や歯磨きなど日頃の習慣も大切ですが、出産前までに虫歯の治療をしたり、歯のケアをしっかりしておく必要があります。

もちろん、これはパパや祖父母、兄弟も同じ。

1日の多くをママと過ごすとしても、パパが無頓着でキスをしたり、食べものを口移しで与えていては少しの時間しか過ごさないパパだって十分に虫歯の原因になります。

歯周病は早産や低体重児にも関わっているということがわかってきていますし、お口の中のケアは妊娠中の赤ちゃんにも関わってくるので、虫歯など気になることがあれば安定期のうちに歯医者に通いましょう。

そうすれば、産後なかなか歯医者に行けなくても安心です。

またつわりがひどい場合にはキシリトールや虫歯菌や歯垢を除去してくれるブリス菌配合のブリアンを活用したり、ヘッドの小さめの歯ブラシでブラッシングするなど工夫しましょう。

産後も忙しくて歯磨きがおろそかになってしまうことがありますが、子供のことを考えて歯磨きの時間だけは作るように心がけましょう。

例えば、お風呂に入るのにひとりの時間が浸かっている間でもあれば歯を磨いたり、磨きにくい奥歯などを徹底してケアをしたり、子供と一緒に教えながら自分もしっかり磨くなど、スキマ時間を有効活用しましょう。

 

まとめ

子供が虫歯になりやすいから虫歯予防を徹底していても、親が虫歯菌だらけでは虫歯になりやすい環境は変わりません。

周りの環境も子供の虫歯にとっては重要ですし、しっかりしておけば自分も歯医者に行かなくても良いし、将来的に孫にも関係してくると考えれば、3歳までと考えずに親子で虫歯予防を徹底しましょう。

銀歯や虫歯は治療はしたらおしまいではなく治療の繰り返しになります。

また、子供の虫歯が治療をするまで悪化しないためにも、毎日の仕上げ磨きでしっかり歯をチェックして、定期健診を習慣にしてくださいね。

親が虫歯が多いというときは、一緒に定期健診をうけることをオススメします。

>>サイトTOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ