乳歯が虫歯だけどグラグラしてるなら放置してもいいの?

乳歯の生え変わりの時期は個人差もありますが、平均的に6~7歳くらい。

早い子で5歳くらいから生え変わりますが、それとは関係なく不注意でグラついてしまうこともあります。

そんな乳歯が虫歯になった場合は、抜けるからほかっておいても良いか・・・というと、答えはどちらも「NO」!

生え変わりの時期ですぐに抜けるのであれば良いかもしれませんが、それ以外はきちんと歯医者に行かないと永久歯や他の歯に影響することがあるので注意が必要です。

乳歯が抜けるまでは時間がかかるもの

乳歯の根

乳歯は根っこがしっかりしているので、簡単には抜けません。

通常乳歯の根っこがゆっくり溶けて、その間に永久歯は生えてくる準備をするのですが、グラグラし始めた時に、すでに永久歯がずれた位置からでてきてしまうこともあります。

永久歯が変な位置に生えてきてしまったら、歯並びのこともあるので歯医者に相談する方が良いでしょう。

 

また、乳歯が抜けるまでの間に虫歯は進行していきます。

そのため、あまりにひどい虫歯だったり、まだグラつき始めで抜けるのに時間がかかりそうであれば、一度歯医者に行って抜くかどうかを判断してもらった方がいいです。

昔は歯に糸を巻いてとか、かたいものを食べて抜いてしまうこともありましたが、今は自分で抜けるまで待った方がいいという意見もあり、どっちがいいの?って思いますよね。

 

何もなければ当然自然に抜けるまでほかっておけば良いのですが、抜けるまで時間がかかるものなので、乳歯が虫歯になってしまったり、永久歯が生えてきた場合には抜いてしまった方が良いこともあるのです。

 

乳歯の虫歯をほかっておくデメリットは、その虫歯1本だけでなく、他の歯や永久歯にも影響してしまうということ。

その1本の乳歯だけであれば、抜けるまでほかっておけば良いかもしれませんが、そういうわけではないので「抜けるまで待とう」と考えるのはオススメできません。

不注意でグラついたときは問答無用で歯医者へ!

不注意で歯がグラグラ

 

生え変わりのグラつきとは違い、気をつけたいのが不注意でグラグラしているときです。

こけたり、ぶつけたりと子どもは顔面をぶつけてしまうことも多く、ときには歯がグラグラになってしまったり、かけてしまうことがあります。

乳歯が傾いてしまって、そのまま生え変わったら永久歯も・・・となれば、歯並びが悪くなってしまいます。

特に前歯だったら、見た目的にもコンプレックスになってしまいますよね。

また、乳歯の損傷は神経や根元に影響することがあるので、虫歯でなくても早い段階で歯医者に行き、治療が必要かどうかをしっかり確認してもらいましょう。

グラグラは固定することで治すこともできますが、それも症状次第。

ほかっておいても良いことはないので、子供が嫌がってもすぐに歯医者に行くようにしてください。

まとめ

乳歯の虫歯をほかっておくと、他の歯にも影響します。

グラつている歯はいつかは抜けるなんて簡単に考えていると、永久歯が生えてきてから後悔することがあるので、グラつきの原因や状態によっては歯医者に行くようにしてください。

抜けるまでと簡単に考えていると、虫歯はどんどん進行するので、酷い虫歯や数か月かかる場合には抜歯や治療をした方がいいこともあります。

この判断は親ではできないので、きちんと歯医者に連れていくようにしてください。

また治療法に納得がいかないというときは、先に進めずに他のところでも相談してみると良いでしょう。

>>ブリアンの歯磨き粉、楽天が一番安いと思ってない? | ブリアン楽天123 TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ