子供の歯磨きで歯磨き粉は使った方がいいの?よくないの?

子供の歯磨きに歯磨き粉は使わない方がいいという意見もあれば、使った方がいいという意見も。

虫歯予防効果が高い歯磨き粉なら使った方がいいですが、それできちんと磨けない・・・となったら、使わない方が良くなってしまうし、結局どっちなの?って迷いますよね。

使うことで磨き残しが増えるならよくないけど、虫歯予防効果が高くなるなら使いたい。

メリットもデメリットもあるから、どっちが正しいのかよくわからなくなりますが、実際のところはどうなのでしょう。

 

使うかどうかは「歯磨き粉」次第!

子供の歯磨きで歯磨き粉を使ったほうが良いかどうかは、何を使うかによって変わってきます。

例えば、こちらにも書いていますが

→ブリアンとオーガニックの子供歯磨きはどちらがいい?

→市販の歯磨き粉は子供用でも安心できない??

オーガニックとはいっても、基準があいまいで安心できるものではなかったり、市販の子供用歯磨き粉の成分も安全か?といえば、大人用の歯磨き粉でも良くないと言われている成分が普通に配合されています。

そのため、ゆすぎができない子は使えないものが多いですが、味をつければ歯磨きをしてくれると平気で使って、うがいをしないまま放置したり、平気でたくさん舐めさせていることも。

また、味をつけても口の中に歯ブラシをいれるだけでは磨いたことになりません。

フッ素が入っているから大丈夫!というのも勘違いで、歯磨き粉に含まれるフッ素は少量だし、直接的な虫歯予防効果があるわけではないので、勘違いをしていると虫歯になってしまうのです。

しかも、泡立って磨き残しが増えれば虫歯になってしまうので、安心出来ないものやきちんと歯磨きができないものなら、使う意味がないと言えます。

それとは違い、ブリス菌配合の歯磨き粉「ブリアン」のように、歯垢や虫歯菌に働きかけ、善玉菌を増やすことで口内環境を良くしてくれて安全性の高いものであれば、直接的な虫歯効果も期待できるので使った方が良いです。

  • どんな成分が入っているか
  • どんな効果があるか
  • 何歳(何ヶ月)から使えるか

など、きちんと調べたうえで、使った方がメリットのあるものであれば、子供の歯磨きに歯磨き粉を習慣にしていけば良いですが、ただ歯磨きをしてくれるためだけに使っているならメリットのある歯磨き粉に変えるか、使わない方が良いです。

 

絶対使わないで!大人の歯磨き粉

大人の歯磨き粉

子供用歯磨き粉でも危険なものがあるように、大人用歯磨き粉は子どもが使ってOKと書いてあるもの以外は、ぜったに使わせないようにしてください。

大人の真似をしたがるからと、親と同じものをちょっとつけていると言う人もいるかもしれませんが、これはNG!

昔、親からつけてもらったことがあると言う人もいるとは思いますが、今は歯磨き粉についてわかってきていることもたくさんあるので、親も一緒に安心できるものに変えることをオススメします。

特に虫歯菌を感染させたくないなら、早い段階から親が対策をしていくことで、子供の虫歯ゼロに繋がります。

 

まとめ

虫歯予防や安全性を考えて、子供の歯磨きには歯磨き粉選びが大切です。

特に2歳半までは、細菌バランスが安定するまで虫歯菌対策に重要な時期なので、歯磨きの邪魔をしないでしっかり歯垢や汚れを取り除ける歯磨き粉を選ぶことで、虫歯になりにくい口内環境を作ることができます。

磨き残しが増えて、体に良くないものにお金を出すのももったいない話なので、それなら使わない方がいいです。

たった2~3年のことで一生後悔しないためにも、親がしてあげられることはすべてしてあげたいものですね。

歯磨き粉は毎日使う物だし、口に入れるものなので、食べものとと同じで気を付けてあげましょう。

>>歯磨き粉が子どもを歯磨き嫌いにしている!?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ