ブリアンでも歯磨き嫌いが改善できない!その原因は○○かも

「ブリアンで歯磨き嫌いが改善された」という口コミが多いので、かなり期待してしまいますが・・・

変えてみたけど、相変わらずのギャン泣きよってママさん、いませんか?

歯磨きは大戦争なのに、歯磨き粉をブリアンに変えただけでなんて神的なこと、あり得るわけないじゃん!!

そう思っているなら、ギャン泣きをしている子どもを押さえつける自分の顔や格好を含め、すべてのことを今一度見渡してみませんか?

思わぬ歯磨き嫌いのヒントが隠されているかもしれません。

 

歯磨き担当を変える

歯磨きの担当

歯医者や歯科検診、病院ではすんなりお口を開けるとか、食べものを食べる時は小鳥のひなみたいに口を開けると言うのであれば、パパにお願いしてみてはどうでしょう。

歯磨きの時は怖いママだし、抑えつけてイライラしてるから怖いというのもあるんですよね。

またその逆でパパの仕事の場合、男性の力が強かったり、動きが大きくて痛かったりすることもあるので、ママに変わってみたり、両親以外でも祖父母にしてもらって、一番嫌がらない人にお願いする。

いろいろな人が磨くことによって、怖い先入観が改善されることもあります。

その日によって子供が自分で選んでも良いし、誰でも歯磨きができるようになれば、歯医者や病院が嫌な子でも口を開くのが簡単になるかもしれません。

歯医者や病院は白衣やマスク、雰囲気で反応する子が多いので、あくまで「かも」な話です。

 

体勢を変える

歯磨きの姿勢

親が磨きやすい体勢が子どもにとってラクな体勢とは限りません。

大人でも歯医者で仰向けになって口を開けて治療をしているときに、口の中の唾・・・どうしたらいいの??って思ったことはありませんか?

子どもは上手に唾を飲みこんだりできないことがあるので、苦しくなってしまったり、ときには詰まらせてしまうことがあるので仰向け=苦しい=イヤだ!ってなってしまうことがあるのです。

この場合は姿勢を変えるだけですんなりクリアしてしまうことも。

座らせて上を向かせたり、授乳と一緒の抱え込む格好をしたりすると、時には磨きにくくなってしまうことがあるので、そういう時は苦しい角度は短時間にして何回か小まめに磨いてあげるとラクになります。

立たせてテレビやDVDに夢中になっている間に磨くというのも、他に意識があるので苦しくなりにくいです。

 

歯ブラシを変える

歯磨きと歯ブラシ

高い歯ブラシと安い歯ブラシというよりも、自分に合った歯ブラシって磨きやすいですよね。

子供の歯ブラシもヘッドの形や大きさはさまざまで、硬さも違うので、子供にとって合う・合わないは必ずあります。

特に敏感なお子さんは硬いものだと、歯ぐきに当たると「痛い」と感じることもあるので、それだけでも歯磨きを嫌がる原因になってしまうんです。

ブリアンでも歯磨き嫌いなのは、泡立たないから余計に歯ブラシの刺激を直接感じている場合もあるので、柔らかい歯ブラシに変えたり、磨き方を優しくしてあげると良いでしょう。

どうしても好きなキャラクターがいいなら、子どもが磨く用にして、大人が使うのは磨きやすく子どもが嫌がらないものを選ぶと、苦痛ではないので口を開けてくれるようになります。

 

まとめ

ブリアンでも歯磨き嫌いがすぐに改善されないこともあります。

歯磨き粉が原因だった場合には、すぐにでも改善されると思いますが、それ以外はある程度時間をかけて、好きなスキンシップの時間へと変えていく必要があります。

また、今の歯磨きの状態を少し変えていくことで、意外にすんなり改善されることも。

ブリアンで歯磨き嫌いが改善されたという口コミを見ていると、親もストレスから解放されたとか、イライラしなくなったという意見が多いので、押さえつけたり、怒鳴ったり、怖い顔をして歯磨きをしていた人もいるのでは?と感じます。

イヤイヤ期もありますが、理解できる年齢になれば、歯磨きの重要性もわかってきます。

それまでは親子の戦いにもなる歯磨きですが、できるだけ子どもの苦痛を取り除いてあげましょう。

>>ブリアンでも虫歯になる人の共通点

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ