ブリアンだけじゃダメ!?虫歯予防で気を付けること

ブリアンは虫歯予防の強い味方ですが、それだけでは100%ではありません。

しっかり歯磨きをすれば虫歯菌や歯垢を除去してくれるから虫歯にならないわけではなく、毎日の生活から虫歯になりやすい人となりにくい人が分かれます。

そのため、ブリアンを使えばいいわけではなく、正しい歯磨きや生活習慣も大切なポイントになるのです。

だから、歯磨きをしていても「正しい磨き方」でなければ、汚れはしっかり取れないし、虫歯になりやすい生活を送っている人は虫歯予防方法を取り入れたとしても根本が改善されなければ意味がないのです。

4つの虫歯の原因

虫歯の原因は4つ。

1.歯の質
歯と言うのは、母親のお腹にいる時から作られるので、妊娠中や妊活中から食生活を気にしなくてはいけません。とはいっても、もうすでに生まれてしまっている場合はそれは無理な話なので、歯の質を高めたり、再石灰化をサポートしたり、唾液の量を増やすことが大切です。また、歯の質が良くても歯並びが悪いと汚れが溜まって虫歯になりやすくなってしまうので、デンタルフロスや歯間ブラシを使ったり、定期健診を習慣化しましょう。

2.虫歯菌、口内環境
虫歯の原因となるのは虫歯菌と言いますが、実はこの虫歯菌は口内細菌のバランスによって、悪さをしたりしなかったりすることがわかってきています。そのため、口内環境が良い善玉菌優勢の人は、虫歯菌がゼロでなくても悪さをしないのです。また、虫歯菌はネバネバの歯垢を作って、それを住家として暮らしているのですが、歯垢やエサとなるものを取り除いてしまうことで、虫歯菌の繁殖を抑えることができます。

3.食事、おやつ
虫歯菌の好物は「糖」なので、糖分が多いオヤツや食事は虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。また、ジュースなどの飲み物も糖分があるので同じで、飲む前にスポーツ飲料などを飲ませる人は特に虫歯になりやすい環境を作ってしまうことになるのでやめましょう。
4.時間
実はこれが一番重要なポイントかもしれません。ダラダラ食べをしたり、飴やキャラメルなどのくっついたり、長時間口の中に入れておくものが好きだったり、口の中に食べるものを入れていなくても飲みものがジュースであれば、虫歯のリスクは高まります。脱灰と再石灰化を繰り返しますが、食べたり飲んだりしている時は脱灰の時間が多くなるので虫歯になりやすくなります。

つまり、虫歯になりにくくするには再石灰化の時間を長くすることが大切なのです。

その他の虫歯の原因

ブリアンと虫歯
虫歯になりやすい4つの原因を気にするだけで、ブリアンの虫歯予防効果はアップします。

しかし
・歯磨きをしない
・歯の磨き方が悪い
・虫歯菌感染源が近くにいる
・歯並びが悪い

など、虫歯になりやすい原因がある場合には、他の人よりも虫歯になりやすいので気をつけなくてはいけません。

まとめ

子供のためにブリアンで虫歯予防を必死に頑張る前に、まずは基本をきちんと知ることが大切です。

そのうえで、生活改善できるものはして虫歯菌対策でブリアン歯磨き粉を使っていくことで変わっていきます。

オヤツは食べさせないと徹底していても、食事がダラダラ食べならNG!
ジュースを飲ませていては意味がないし、頑張っても子供が虫歯になって落ち込んでいるなら、一度歯の磨き残しや歯並び、生活を見直してみてください。

また、虫歯菌や歯垢除去をサポートしてくれるブリアンを虫歯予防に上手に活用していきましょう。

>>ブリアンの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ