BLIS M18配合のブリアンは本当に安全なの?

ブリアンの特徴と言えば「BLIS M18」を世界で初めて歯磨き粉に使用していること。

この「BLIS M18」は虫歯菌除去成分として、虫歯予防に高い効果がある!と注目されていますが、これが本当のことなのか、安心できる成分なのか疑問や不安に思うことはありませんか?

日本ではまだあまり知られていない成分なので、虫歯予防ができるとしても抵抗があることも。

ただ『日本では』の話で、海外では多くの国が「BLIS M18」の安全性や効果を認めて特許を取得しています。

予防歯科の先進国では、虫歯ケアにキシリトールと同じくらいメジャーで活用されているのです。

「BLIS M18」はどんなものなの?

「BLIS M18」はバクテリアを抑制する物質。

B-Bacteriocin(バクテリオシン)
L-like(のような)
I-Inhibitory(抑制)
S-Substances(物質)

これらの頭文字をとったブリス菌はM18やK12があります。

ブリス菌と言うくらいだから「菌」ですが、菌にも悪玉菌と善玉菌があるように良い菌と悪い菌があり、「BLIS M18」は善玉菌・乳酸菌です。

ちなみに乳酸菌飲料にはよく名前がついていますが、「BLIS M18」は『S(ストレプトコッカス).サリバリウス菌 M18株』という名前があります。

 

「BLIS M18」の働きは、先ほども言ったようにバクテリアを抑制すること。

つまり、バクテリア=虫歯菌や悪玉菌の働きを抑制するので、虫歯になりにくい口内環境にしてくれるわけですが、このブリス菌は人間の体内にもとからいる菌なので安全性が高い=副作用がないという特徴があります。

だから、安全性が高いんですね。

でも、もともといるならわざわざブリアンを使わなくても良いのでは?と思うかもしれませんが、ココが重要!

残念ながら「BLIS M18」を保有者は世界でたった2%しかいないのです。

BLIS M18

 

そこで、虫歯にならないたった2%の子どもたちから見つかった唾液連鎖球菌「ブリス菌」を口腔内の唾液から培養することに成功し、フリーズドライ製法にすることで製品化が可能になりました。

そして、きちんとした効果があるというのも実証されています。

乳酸菌ならどれでもいい?

ブリアンと乳酸菌

 

乳酸菌が腸内環境に良く、花粉症やアレルギーにも効果があると言われていますが、腸内だけではなく口内環境にも良いので、お子さんから高齢者までオススメです。

ただ、ここで注意したいのが『乳酸菌にも種類がある』ということ。

そのため、ヨーグルトや乳酸菌飲料の乳酸菌と「BLIS M18」は違うので、効果も違います。

健康にために毎日乳酸菌飲んでいるから、虫歯予防ができるか?というと、そういうわけではなく、どんな効果があるかはきちんと確認しなければいけないのです。

「BLIS M18」は虫歯菌を抑制したり、歯垢除去効果がありますが、これがすべての乳酸菌で期待できないどころか、寝る前に食べたり飲んだりすると虫歯になってしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ

「BLIS M18」は虫歯がない人の口の中にいる菌なので、生まれつき持っていたい菌ですが、残念ながら保有しているのはたった2%とかなり確率は低いです。

ただ、口内にいなくてもブリアンで歯磨きをすれば保有している人と同じように虫歯菌や歯垢除去をしてくれます。

安全性も高く赤ちゃんから使うことができるので、歯が生え始める前から虫歯菌感染予防を徹底して虫歯ゼロを目指しましょう!

またすでに虫歯になってしまった子供や大人にも効果はあるので、虫歯になりやすくて悩んでいる人にもオススメです。

>>ブリアンの成分は他のものとどう違うのか

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ